浅草

浅草は、江戸時代の下町で、現在でも風情豊かな土地柄といえます。

雷門

浅草の観光名所といえば、何と言っても雷門でしょう。
この雷門に祀られているのは風神と雷神です。
ちなみにこの雷門、正式名称は「風雷神門」といいます。
中央のちょうちんは、江戸幕府開府400周年を記念して新調されたものです。
直径3.3m、高さ3.9m、重さ700kgもあります。

ちなみにこの雷門、浅草寺の山門となっています。
浅草寺も浅草の顔と言ってよいでしょう。
東京都内最古の寺、というと驚かれるかもしれません。
浅草寺では二天門が重要文化財に指定されています。

花やしき

浅草の見どころの一つに、浅草花やしきがあげられるでしょう。
浅草花やしきは日本最古の遊園地です。
浅草花やしきの一番の見どころは、日本最古のローラーコースターといえるでしょう。
花やしきに出かけたら、ぜひ乗っておきたいところです。
紹介:浅草花やしき

神谷バー

浅草の観光スポットともグルメスポットともいえるのは神谷バーです。
浅草在住の文豪にも愛され続けてきた、日本最古のバーが神谷バーです。

神谷バーの名物は電気ブランです。
当時は名前に「電気」と付けるのが大流行していました。

電気ブランはブランデーベースのカクテルで、アルコール度数が45度もあります。
飲むと舌がビリビリすることから、この名前が付きました。
ただし電気ブランはアルコールですので、ツーリングの途中では飲まないで下さい。

駒形どぜう

浅草のグルメスポットとしてご紹介したいのは、「駒形どぜう」です。
創業1,800年ですから、200年以上の歴史がある名店です。
名前の通りのどじょう料理なのですが、一般的な柳川なべとは全く異なります。
どじょうが並んで出てくるのです。

またテーブルではなく、背の低い板のテーブルで食べるため、非常に情緒があります。
どじょう料理もオススメですが、どじょう汁は必ず試して下さい。
どじょうがこれほど良い出汁を出すことに驚かれるはずです。

アサヒビール本社ビル

おすすめのグルメスポットのひとつに、アサヒビール本社ビルがあげられます。
上層階では都内の絶景と生ビールを堪能することが可能です。
繰り返しになりますが、ツーリング中のアルコールは厳禁です。

駐輪場

最後に、おすすめの駐輪場をご紹介します。
最もおすすめの駐輪場は、雷門地下駐車場です。
雷門の目の前であるため、迷うことはないと思います。

雷門地下駐車場はアクセスが良いだけでなく、
駐車台数も多いですから満車ということは少ないはずです。
また価格とのバランスも優れていることを付け加えておきます。

Comments are closed.