夏の暑さ対策

夏のツーリングの恰好

夏はとにかく床にいても暑いと感じてしまうでしょう。
バイクが好きな人にとって夏はバイクに乗ることで爽快感を感じたいと思っていても実際は汗だくで熱くて疲れてしまうという経験をする人が多いです。

そこで夏を快適にツーリングするためにはどのような格好をすると、熱さを和らぎ楽しいツーリングライフを過ごすことができるようになるのでしょうか。

夏のツーリングでは、暑苦しいと感じるのが嫌だという思いから半袖ハーフパンツなどでツーリングを決行してしみがちです。
しかし半袖の場合は肌に直接日光が当たってしまい、じりじりと熱くなり体が熱を帯びてしまいます。

そのため暑いと思っても長袖を着用するようにしましょう。
長袖のTシャツを選んで切るようにしましょう。
一枚では安全面で不安が残るため、必ずメッシュタイプのジャケットを着るようにしましょう。
メッシュタイプであれば、体内に風を通りやすくしてくれるため風が吹くと福の中を通り抜け気持ちよさを感じることができます。

パンツに関してもハーフパンツなど肌露出するのは半袖同様おすすめではありません。
さらにマフラーなど足が当たってやけどをしてしまう可能性があるので、ジーンズなどをはいて運転するようにしましょう。
特に足は腕に比べるとアスファルトの光の反射を受けやすいため、より暑さを体感しやすくなります。
そのため特に長ズボンにすることをお勧めします。

水分補給の対策

夏のツーリングでは絶対重要なことは水分補給です。
水分補給は普段の夏場の生活ではとても重要になっています。
脱水症状になってしまうと意識がもうろうとしてしまう恐れがあります。

特にツーリン中は日差しを強く浴びてしまうため、体温を下げるために汗をたくさん書くようになります。
最低でも一時間に一回は水分補給を取るようにして、のどが渇いてなくても必ず飲むようにしましょう。
すぐに飲めるように直接口をつけて飲めるようなタイプのものがおすすめです。

走る時間帯を考える

夏のツーリングで暑さ対策をするのであれば、一番は走る時間を考えるということです。夏になると太陽が出るのが早くなるため日中の気温もその分高くなるのが早いです。
そのため、なるべく早朝の時間を活用してツーリングを行うのがおすすめです。

朝5時から6時ぐらいを目安にスタートをして8時ぐらいに帰宅することでこれから暑くなるかもしれないという時間を迎える前に爽快なツーリングを味わうことができます。
実際に年中ツーリングを楽しむ人にとって夏の暑さをどうしのぐかはとても大事です。
なるべく快適にツーリングを楽しむのであれば朝の早い時間を活用することがおすすめです。

休日朝から充実した時間を過ごすことも出来、体や脳内も活性化しているため朝早くからエンジン全開で休日を楽しむことができます。

Comments are closed.