タンデムツーリング

二人乗りで楽しむ

よく街でバイクを見かけると二人乗りをしているカップルがとても多いです。
2005年に道路交通法が改正されたことで、一部の高速道路を除き二人乗りでも高速道路の走行が認められました。
これによってカップルで高速道路を使用して遠出のツーリングを楽しむ機会が増えました。
ただしある程度の制限があり20歳未満では二人乗りはできない、免許取得3年未満は禁止と定められています。

これらの規則を守って高速道路を走行することができます。
タンデムツーリングではなるべくリヤシートが広いものが適しています。

運転する人はライダーといいうしろにのる人はパッセンジャーといいます。
パッセンジャーが乗り心地安いものをなるべく選ぶようにしましょう。
リヤシートが狭いものは長距離になってしまうと負担が大きくなります。

運転の前に確認しておくべきことは空気圧のチェックです。
1人の時と二人では空気を高圧に設定しておきましょう。
普段よりも一割の増減ぐらいがベストだといわれています。

服装や乗り方

タンデムシートでツーリングを楽しむ人は特に服装に注意しましょう。
時期に関係なく常に長袖、長ズボンで走行するようにしましょう。

特に夏や日差しが強い日はパッセンジャーの肌の露出が目立っています。
直接日光を浴びてしまうと、熱を浴びて日焼けだけでなく皮膚がやけどを起こしてしまう可能性があります。
特に足の露出はマフラーでのやけどやアスファルトからの照り返しで腕よりも熱もちやすいためヒールに生足は必ず避けましょう。

パッセンジャーは走行中ライダーのベルトもしくはジャケットの上から着装されたタンデムベルトのもつことがおすすめです。

走行中や停車中のパッセンジャーはなるべく左右に動かないようにしましょう。
バランスが崩れやすくなり、転倒してしまう可能性があります。
またカーブの時にはライダーと同じ方向に体重移動をするようにしましょう。

気を付けるべき運転

タンデムツーリングではパッセンジャーばかりが注意しなければいけないことが多いと感じる人もいるでしょう。
しかし一番大事なことはライダーの運転技術です。

ライダーはパッセンジャーの命を預かって走行しています。
そのため自分一人の感覚で運転することは避けなくてはいけません。

なかでも急停車と急発進に関しては、パッセンジャーの体が大きく前後してバランスが崩れやすくなるため、あまり速度を出すことなく注意して走行する必要があります。
今までパッセンジャーとして乗ったことがある経験者に一番怖い走行を聞くと、すり抜けるという走行です。

バイクを運転していると気は渋滞をあまり気にすることなく車と車の間を通り抜けしているライダーがたくさんいます。
普段は知りなれていないパッセンジャーにとっては左右に障害がある細い道を運転するときに恐怖を感じるという意見が多いです。
無理な運転は避け、安全な形で走行しましょう。

Comments are closed.