相模湖

東京近郊へツーリングに出かけるときに、活用したいスポットの中の一つに相模湖があります。
相模湖は自然に囲まれていて、雄大な景色を堪能できます。
ツーリングで出かけるメリットの一つには、自然を堪能することが可能なスポットにも訪れることができるという点があります。
そのメリットを最大限に楽しむことができるのが相模湖なのです。

湖を見ているだけでも、時間を忘れてしまうのではないでしょうか?
相模湖の周辺をツーリングするのであれば、そのほかにも津久井湖や宮ケ瀬湖にも出かけてみるといいでしょう。
この3つの湖には共通している点があって、いずれも公園が整備されています。
このため年間通じて、いつでもツーリングを都の占めるところが強みといえます。

相模湖と津久井湖、宮ケ瀬湖の3つの湖をツーリングする場合には、相模湖から攻めていきます。
そして国道412号線を使って、津久井湖に向かいます。
その後城山ダムの所に、堰堤がありますのでこちらを通過すると県道513号が見えてくるはずです。
この県道を使って湖畔を一周して、景色を楽しんでみましょう。
そして再び先ほどの国道に戻って、宮ケ瀬湖に向かいましょう。
国道から来た岸林道がありますのでそちらを走行すれば、宮ケ瀬湖に到着できます。
このツーリングコースを利用すれば、無理なく3つの湖を巡れるはずです。

津久井湖から宮ケ瀬湖に向かう途中の所で、服部牧場と呼ばれるところがあります。
この服部牧場では、ジェラートが販売されているのですが、周辺の名物になっています。
ツーリングで疲れた体を癒すのにも十分なので、途中で服部牧場に立ち寄ってみるのもいいかもしれません。
また宮ケ瀬湖には、虹の大橋と呼ばれる橋がかかっています。
この橋を通過すると、宮ケ瀬水の郷と呼ばれるスポットに到着します。
宮ケ瀬水の郷には、いろいろなお土産物を販売しているお店や食事処がたくさんあります。
こちらでお土産を購入したり、食事をしたりして時間を過ごしてみるのもいいのではありませんか?

相模湖の近くには、秋山温泉と呼ばれる温泉スポットがあります。
日帰り温泉にも対応していますので、ツーリングの途中で立ち寄ってみるのもいいかもしれません。
ツーリングをしていて、疲れた体を癒すには最適です。

Comments are closed.