三輪バイクでツーリング

三輪バイクの特徴

バイクでのツーリングを一度は経験したいと思う人は多いのではないでしょうか。
クルマとは違いその時その時の自然のかぜや空気を感じながら、美しい景色そして走行の臨場感を楽しむことができます。

それと同時にバイクは運転するときにはたくさんの注意が必要です。
バイクで転倒しないように、安全運転が出来るようにするためには、異論な技術が必要になります。
それが難しく危険だと思いバイクにそれないという人もいるでしょう。

そこでバイクの様な体感を感じることができ、安定感もあるバイクとして衆目されているのが三輪バイクです。
三輪バイクは前輪が一つ、後輪が二つで二等辺三角形の様な形をしているバイクのことを指します。

安定感があり、バイクをささえながら両足をついた状態でなくても、自立しているため通常は転倒しにくく安定感があるのが一番の特徴です。
体に障害を持った人がバイクでバランスがとりにくい状態でも三輪バイクであれば安心して乗ることも出来ます。

三輪車を乗るうえで注意しなくてはいけないことがいくつかあります。
まずは駐輪するためにスペースが必要になります。
そのため自動車と同様のスペースを活用する必要があります。

また三輪車でカーブを走行するときは遠心力の影響を受けやすいということです。
車体が傾くことがないため、カーブに侵入する前にスピードをしっかり落とさないままハンドルをきってしまうと横転してしまう可能性があります。
そのためスピード調整をしてカーブの時は注意しましょう。

二輪車との違い

二輪車との一番の違いは安定性です。
手を放した時に自立して立つことができるのが三輪車で、二輪車は倒れてしまいます。
安定性が高いのはバイクが不安定なことを不安視する人にとってはとても大事なことです。

ただしカーブに差し掛かった時、バイクは減速しきれていなくて車体を斜めにして重心を傾けることで曲がることができます。

しかし三輪車の場合は車体が傾くことがないため、スピードが出たまま急にハンドルをきってしまうと横転してしまう可能性があります。
それぞれの癖を知ったうえで自分に適したものを選ばなければいけません。

維持費や費用

三輪バイクの費用は国産のものになるとかなり高額になります。
そのため中国製の三輪バイクを求める人が多いです。
価格帯も排気量によって異なり、安いものでは20万から30万ですが、排気量が600ccになると100万から200万の価格になってしまいます。

維持費としても三輪バイクは重量が重たい分、二輪バイクに比べると燃費が悪くなってしまいます。
排気量が250cc以下であれば車検が必要なく毎年払う自動車税と二年に一度の自賠責保険だけです。
しかし250ccを超えると2年に一度の車検と毎年払う自動車税は必要になります

Comments are closed.